「こはるびより*」がリニューアルし、「らくがきだいすき」になりました。今後ともよろしく~管理人@七雪


by kokonoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タヌヌがカバリア島に来た理由

c0090636_23235169.gif
本日はどうでもいい無駄知識。

タヌヌ好きには興味深い話しかも?

タヌヌ先生がカバリア島に来島した理由です(´ー`)

どこで見つけたかといいますとこちら

ではでは、ごゆっくりお楽しみ下さい~

※意味不明な文章多々あります






“お前を赤んぼうの時に見たことが一昨日のようだが, もうこんなに成長して私が勤める学校に教育実習を出るなんて, まことに感心だね.”

“お母さんの懇意な友達だと伺っています. この学校に教生で来ることができるようにしてくださって感謝いたします.”


某名門女私立中学校に教生実習を出た初日, 校長室で校長先生とホルドンの面談が進行中だった.

“お前の実際年が…?”

“はい. 18歳です.”

“早い年に優秀な成績に教職を履修しているという話は聞いたな. お前の年は一般的な教生たちの平均年齢で正常処理しておいたし,実際年は私だけ分かっているからお前もそのように分かっているように. 外貌や品行は成熟したように見えるから問題ないと思う.”

“はい. 心配しないでください. 熱心にします.”

優秀な成績に小中高校を早期に卒業したホルドンは正常には高等学校に通う年だ.
その年が問題になって教生に派遣されることができないところにお母さんの懇意な友達である
今の校長先生に承諾を受けて教生で出ることができたのだ.

ホルドンの家は代代に教職に携わっていて祖父母様は学者で, ご両親は教授, 6人のお姉さんたちは小中高校先生だ.

ホルドンも教育者家の家風によって自然な手順で教職に携わるようになった.

ホルドンが引き受けたのは3年生だった.

先生たちは, 熱情的で使命感にあふれる若い教生に一番問題ある‘魔の 3-A’をかぶりと任せてしまった.

その半分には誰もあきれる ‘7-Princess’が 4名もいた.

彼女たちのため一学期の半分が経つ前に, 受け持ちを引き受けた中年の男先生はひんぱんな高血圧とひどい脱毛増税に休職したし, その後を引き継いで新しく来た三十台中盤の女先生様は過多なストレスによる楽聖偏頭痛症状でクラス役員に受け持ち代行を随時に任せたりした.

このような雰囲気を全然把握することができなかったホルドンは軽い足で受け持ち代わりに条例に入って行くために教室を尋ねた.

女学生たちはうわさだけ繁茂だった美男教生先生の実体が現われると幸せな悲鳴を上げた.

ホルドンもきれいな女学生たちにかけて積もった喜びの悲鳴を上げたかったが, 理知的で沈着なマスクを維持したまま教壇に立った.

“この学校は学生選抜を美貌順序にするようです? 目が眩しくてこの席に立っているのが大変ですね. 私は皆さんの教生先生 ‘ホルドン’です.”

ホルドンはウィンクと共に上手で粹なパフォーマンスで初めての挨拶をした後教室を見回した.

学生たちは慌惚な顔をしてまちまち最大限きれいな振りをしていた.

ところが, ホルドンの目に空いた机たちが入って来た.

自分を歓迎しなければならない女学生が四人やあるか!!

“そこ! は何ですか?”

“あの… その四人は…”

がらりと- どかん-

“話になると. 私より醜いあいつがうまく行くと言うのが!!”

アングカルジン声とともに裏門が刺刺しく開かれて女学生たちが入って来た.

彼女たちがこの学校先生たちなら皆があきらめたという ‘7-Princess’のメンバーたちというのをひと目に分かった.

何か. 校則は羽織袴ほどなるという雰囲気を漂う扇情性を加味した服装姿とメーキャップアーティスト顔負けな千変万化した化粧術, 全身で濃い香水を吹き出しながら集める足つきごとに問題学生という先入観がモヤシのようにすくすく育つようにする学生たちだった.

道で会ったら好奇心に言葉一度かけて見たいかも知れなくても学校ではよほど困難な美貌のお嬢さんたちだった.

その中でも, 一番終わりに教室に入って来た女学生の顔をまともに見たホルドンは自分の目を疑った.

彼女はローズマリーであった.

“あら-うん. ハンサムな転校生だね. 我が学校が急に男女共学になったか? ではなければトランスジェンダー? ほほほ-”

ローズマリーが教壇に線ホルドンを見てなまめかしく言った.

教室は瞬間沈黙が流れたし, ホルドンの顔は硬直された.

‘なぜ? どうしてあの子がこの学校にいるんだ? 同窓たちは今高等学生じゃないの? それにローズマリーは留学行ったといったが?’

ホルドンはローズマリーが自分を見知るか心配で,半ば横で頭を巡らしたままローズマリーをにらんだ.

ローズマリーのそば席にいる学生が教生先生の普通ではない目つきに荒ててささやきでローズマリーに彼が教生先生なのを知らせてくれた.

ローズマリーはそんなことにものともしなくて肩を気取った.

“冗談です. 彼ほどのセンスはありますか? 私のボーイフレンドたちが主に大学生以上だから憚ることなしに感じられてそんなことだから理解してください, お兄さん~ いや, 先生様!”

こんなに言うローズマリーはホルドンを調べることができないようだった.

分からないふりをすることでもなくて本当に真っ黒に分からないようだった.

ホルドンはやっと中に安心のため息をついた.

実は彼女が今のホルドンが調べる事ができないことは当然だ.

お互いに同じな小学校を出たが, その頃に金持ち一人娘に人形のようにきれいだったローズマリーは子供達の間で公州様に君臨したし, ホルドンはひさご頭に厚い角ぷくりんめがねをかけて勉強ばかりする田舍臭くて狭量で陳腐な, 目に立たない庶民の外貌を持った児だった.

載せろと言ったホルドンが家の中の家風で押えつけられた食を大学に入って爆発するように噴出したし,まるでさなぎで蝶で脱皮するように外貌も身違えるほど変わった.

今も家では相変らずフレッシュなスタイルを固守するが, 一応家外を出れば派手な顔つきは勿論で,社交性とマナーの帝王で生まれかわる二重生活をしていた.

その前の友達は変わったホルドンを身違えるのが常だったし, ホルドンの過去が分かる友達は彼の変わった外貌を示して‘小川で竜出た’とやっつけるほどだった.

ローズマリーがホルドンを調べるどころか名前さえ記憶できないのが当たり前だった.

ローズマリーはさっぱり学校生活には関心がなさそうだ.

それにきれいな口から出る言葉というのがまったく知的なこととは連関がない情けない単語
たちの組合だけだった.

“女学生だけいる学校に若くてハンサムな男教生だって.サービス次元か. ほほほ. 皆さん. このお姉さんが教生お兄さんは譲歩する.”

‘あいつ. 小学校の時もぶりっ子におどけ者立ち込めるいたが,拗くれなかったがどうしてあのように変わったの?留学行くということは嘘で, 落第して寮がある学校に全ことか? 今状態を見てはこの学校で受けてくれたのがうまいだけだね. 寄付をおびただしくしたようだ.’


いっぱい-

外で自動車の警笛の鳴る音が聞こえた.

雑誌ですぐ飛び出したようなスポーツカーが運動場に建てられていたし,モデルのような男がばらの花束を振ってローズマリーをブルロデッダ.

“皆さん. 出動しよう. お姉さんが今日すてきにうつ.”

ローズマリーが ‘7-Princess’のメンバーたちに言ってからは立ち上がって教室外に出ると
3人の女学生もその後に付いて行った.

ローズマリーは後ろを向いてホルドンに手を振りながら叫んだ.

“熱心に勉強しようとして苦労するうちのクラス赤ちゃんたち. どうぞよろしく. 先生~”

学生たちはホルドンに勝手にふるまうローズマリーを気に止めるなと言った.

‘7-Princess’を干渉する人は学校で誰もいないという話で慰労ではない慰労をした.

ホルドンは遠くなるローズマリーを見て会心のほほ笑みをした.

‘あのおてんばを手懐けることをこの学校での始めてミッションにして見ようか?’

翌日, ホルドンはおてんば手懐ける作戦を立てようとして夜を明かした疲れる顔で朝条例に入って来た.

しかし, ローズマリーは勿論で ‘7-Princess’のメンバーは下校する時までも現われなかった.

一日が経ってまた一日が経っても学校で ‘7-Princess’の姿を捜してみることができなかった.

ホルドンが引き受けた半分外に他のクラスにあるメンバーたちも同じく何日目学校に出ていなかった.

学校がひっくりかえって引っ繰り返った.

学校では教職元会とピーティーエー, 取締役会が皆召集されてこの事に対する対策会議が開かれた.

学校は 7人の無断集団家出事件が名門のイメージに泥ぬることを受け入れることができないという危機意識でいっぱいになった.

校長先生は特殊学生善導のための教師団を組織して学生たちを尋ねて来る任務を任せる事にした.

その先鋒隊にホルドンを任命した.

ホルドンは雀ならそのまま通り過ぎるわけない精米所のようにちょっと遊ぶ学生ならそのまま通り過ぎるわけないクラブ, その中でも上流層学生たちに暗々裏にうわさが立った ‘クラブジルロバ’という所を尋ねた.

その所でもローズマリーと ‘7-Princess’はかなり有名だった.

ホルドンはバーで学校運動場にスポーツカーを駆って来た男を見つけた.

男はローズマリーに捨てることを受けたとホルドンに悲しみを吐露した.

捨てられた理由が ‘ドンカバリア’というお腹出た変なお爺さんのためだといっぱい自尊人を傷つけられていた.

男の横には彼の心のようにしわくちゃになった新聞があった.

ホルドンが新聞を取り上げた.

新聞にはドンかバリアへの突然死とカバリア島でのゲームを特集で扱っていた.

‘これだね!’

ホルドンは直感的にローズマリーと ‘7-Princess’の行方が分かった.

そして, この事実を校長先生に隠密に報告してすぐ島に発つ用意をした.

“それでは, 学生たちが人生の絶壁から離れる前に素早くつかまえにライ麦畑, いやカバリア島に出発して見るか. 待ってろよ!”






















と、ゆうことだそうです。

最後まで読み切った方、おつかれさまでした(=゜ω゜)

え?意味不明過ぎだって?

えっとまぁ簡単にまとめますと

‘7-Princess’を追っかけて カバリア島にレッツゴー♪

ってことでしょうね(´ω`)

























…タヌヌ先生18歳なんだっΣ(゜□゜)
[PR]
by kokonoro | 2006-12-09 23:30 | とりすた+